地質調査

事業内容

地質調査の目的は、東日本大震災等の大規模地震、集中豪雨による土砂災害、近年多発する自然災害の防災関連、既存構造物の更新・維持管理など、多岐にわたります。このため、対象地域の立地条件を考慮して、地盤特性や利用形態を考慮した汎用性のある調査・計測計画立案し、物性値を明確にした上で結果の判定や解析が求められます。

内外エンジニアリングは、既往資料(空中写真や地形図等)を活用し、立地条件(地形、土地利用形態、軟弱地盤・地すべりなどの地域特有の立地条件)等を明確にし、効率的な地質調査を提案・実施します。また、安全管理、工程管理、品質管理等の現場管理に係る計画、現場着手前の準備や調査位置周辺の環境保全、近隣対策についても事前に検討し、適切に現場管理を行います。

農業用水路改修設計のための
地質調査

農業用水路改修設計のための
地質調査

イカダによる湖面からの
ダム底地質調査

イカダによる湖面からの
ダム底地質調査

地すべり抑制工設計のための
地質調査

地すべり抑制工設計のための
地質調査

地下水流動調査に掛かる
地中空洞探査

地下水流動調査に掛かる
地中空洞探査

海岸堤防
前面海域地盤の地質調査

海岸堤防
前面海域地盤の地質調査

生物環境調査のための
海浜砂採取

生物環境調査のための
海浜砂採取

業務内容

調査・解析≫

ボーリング調査(陸上・水上)

各種サンプリング調査

急傾斜地崩壊調査

河川・道路等防災点検調査

安定性・沈下解析

地盤液状化解析

地下水解析

試験・計測≫

室内土質試験

各種原位置試験

標準貫入試験

沈下(地表面、層別)

水平変位等計測

地下水・土圧等計測

土壌

底質調査(環境調査関連)

近年の主要な実績

年度発注機関業務名称概要
2015

東海農政局
矢作川総合第二期農地防災事業所

矢作川総合第二期地区 明治地域地質調査業務

地質調査業務
機械ボーリングL=167.0m 標準貫入試験 180回 土質試験 12試料
2014 愛媛県南予地方局
農村整備課

土改震愛南(26委)第102号 大久保山ダム耐震診断業務

ダム基本情報の収集
ポーリング、サンプリング、標準貫入試験、現場透水試験、PS検層、室内試験、解析等
2013 近畿地方整備局
福知山河川国道事務所
福知山道路地質調査業務 国道9号線における土質調査及び解析業務
2012 東北農政局
田沢二期農業水利事業所

第二田沢取水口地質調査業務

設計用のボーリング、標準貫入試験、解析等調査
2010 関東農政局
西関東土地改良
調査管理事務所
地区調査三方原用水二期地区導水幹線水路地質調査業務 ボーリング、標準貫入試験、弾性波探査、PS検層

PDFをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのアイコンをクリックすると、無料でダウンロードすることができるページを表示します。

アドビリーダー