水理模型実験による円滑な合意形成

河川改修では、地元住民に対するアカウンタビリティ、関係機関との円滑な協議やコミュニケーションによる合意形成が不可欠なものとなっています。
水理模型実験は、数値解析だけでは把握出来ない複雑な流況を確認するだけでなく、計画を忠実に再現した水理模型で河川改修後の姿を可視化し、さらに実験状況を関係者らに公開する事によって、事業の効果を具体的に提示することが出来ます。

関連情報(PDF)

詳細はPDFをご覧ください。

PDFをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのアイコンをクリックすると、無料でダウンロードすることができるページを表示します。

アドビリーダー

関連情報(動画)

詳細は動画をご覧ください。