シールド工法による雨水貯留管の設計

集中豪雨による浸水対策として、シールド工法による雨水貯留管(φ4500mm)の設計を行いました。
また、この設計では、二次覆工省略型のセグメントを採用することで、コスト縮減と工期短縮を図りました。

関連情報(PDF)

詳細はPDFをご覧ください。

PDFをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのアイコンをクリックすると、無料でダウンロードすることができるページを表示します。

アドビリーダー

関連情報(動画)

詳細は動画をご覧ください。