河川の降雨表流水を有効利用

都市化の進展に伴って水需要量は増加しますが、これに対する水資源の確保は重要なテーマです。
わが国の年平均降水量は 1,700mm ほどありますが、大部分は河川から海に流下しています。
ダム開発による水資源開発が容易でない昨今、降雨時の河川表流水の一部を生活用水として利用することが、都市域では強く求められています。
私たちは、市民に安定的な生活用水の供給ができるよう河川の降雨表流水を有効利用するアイデアを提供します。

関連情報(PDF)

詳細はPDFをご覧ください。

PDFをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのアイコンをクリックすると、無料でダウンロードすることができるページを表示します。

アドビリーダー

関連情報(動画)

詳細は動画をご覧ください。