橋梁の長寿命化修繕計画

我が国の土木構造物は、昭和30~40年代の高度成長期に大量に建設され、建設後の50年以上を経過した構造物の老朽化の急速な進行が予想されます。
すでに道路橋では、鋼部材の疲労、コンクリート部材の塩害、アルカリ骨材反応といった耐荷性能に重大な影響を与える損害事例が増加しています。

内外エンジニアリング株式会社では、橋梁の長寿命化に向け点検・診断・補修・補強計画設計・記録・管理までをトータルサポートします。

関連情報(PDF)

詳細はPDFをご覧ください。

PDFをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのアイコンをクリックすると、無料でダウンロードすることができるページを表示します。

アドビリーダー

関連情報(動画)

詳細は動画をご覧ください。